5月18日、19日「森のひびきといつくしみのヨガ ひかりのリトリート」お申し込みはお早目にどうぞ

す今年の5月のスペシャルリトリートのご案内です。今年は長いゴールデンウィークが終わった後、本当に美しく静かな環境で心身にご褒美を与える時間、ご一緒しませんか。今回の「森のひびきといつくしみのヨガ ひかりのリトリート」は5月18日(土)から19日(日)、長野県蓼科高原のペンションシャロームさんを貸し切りで行います。

一昨日から告知を始めてお申込みも入り始めました。募集は10名、なので、ぜひご参加ご希望の方はお早目にご連絡ください。
「音楽仙人」の異名を持つ福井幹さん。

■ 福井 幹 (ふくい つよき) ■ プロフィール 横笛、ギター、パーカッション 横笛 福井幹 1957 ● 京都市にて代々画家の長男として生まれる。 1971 ● 横笛と出会う。一生音楽を続けると直感する。 学生時代、吹奏楽の指揮者として活躍。同時にジャズ、ロック、レゲエ等のバンドを結成。 様々な楽器を修得し、アレンジやスタジオの仕事を手がける。 1977 ● 横笛の演奏をライフワークにすることを定める。 ネパールへの旅。ヒマラヤ山麓の静寂を体験し、自然の偉大さに目覚める。 1983 ● 半年間の渡米。カリフォルニアKPFAラジオ出演などコンサート多数。 1987 ● 京都にて結婚。 1989 ● 紀州熊野の山中にて4年間電気、ガス、水道の無い自然生活を体験。 熊野三山の熊野速玉大社祭囃し作曲、指導。 1994 ● ファーストソロアルバム「天心奏楽」発表。 1995 ● ゴルバチョフ氏来日記念シンポジウムにて「祈りの笛」奏楽。 この頃様々な環境教育セミナーや、(財)モラロジー研究所講師として、また映画「地球交響曲(ガイアシンフォニー)」上映会にて演奏多数。 気功、ヨガセミナーに音楽提供多数。 1997 ● 再渡米。スタンフォード大学院での演奏など、ソロコンサートツアー。 1999 ● セカンドソロアルバム「祈り」発表(タイ、バンコクにて録音)。 スカイパーフェクTVエコチャンネルに楽曲提供。 2001 ● ニューエイジの先駆者「マイケルJローズ」のジャパンツアーに音楽提供。信州、京都、広島等で共演。 ミャンマーの日本人聖者「ガユーナ.セアロ」達と、カリフォルニア、ニューヨーク、コンサートツアー。 国連本部等で、世界平和の祈りの笛、奏楽。 2002 ● 4回のアメリカコンサートツアー。カリフォルニア、ハワイ、アリゾナ、コロラド、ミシガン等で数多くのコンサートを行う。アリゾナ州グランドキャニオンと、セドナでレコーディング。いずれも、ミャンマーの日本人高僧、「ガユーナ・セアロ」と共に。 2003 ● ・数回のアメリカコンサートツアー ・カンボヂア人道支援コンサートツアー  ・3rdアルバム『やわらぎ』発表。 2004 ● ・ハートエキスポJAPANにて 音楽監督担当  ・ハートエキスポBAND全国コンサートツアー  ・船井総研 船井幸雄氏講演会にて音楽提供。 2005〜 ● ・アイリッシュハープ奏者小川由美子氏とミュージックユニット『森のひびき』結成http://happyforest.info ・イギリス アイルランド コンサートツアー  ・愛知万博出演   ・仏教僧 和田仙心和尚とヒーリングCD製作 2006 ● ・CD『森のひびき』発表   ・ハワイビッグアイランド コンサートツアー 2007〜 ● ・サマトワ(SAMATWA)ムーブメントhttp://mixi.jp/view_community.pl?id=1499917 にてコンサート 音楽提供・・・人々の心の目覚めと地球規模のエネルギーチェンジ・・・よろこびを通して成長するためのコンサート ワークショップなど 多数 2008 ● ・森のひびき2ndアルバム『光の森』発表  ・自力整体ムーブメントに音楽提供 2009 ● ・歌の1stアルバム『レムリア』発表   ・地球愛祭り出演 神人氏と共演 2010 ● ・歌の2ndアルバム『アースヘブン』発表 ・サントゥールのジミー宮下氏 神人氏等と共演  ・森のひびき シンガポールコンサートツアー 2011 ● 2月・横笛演奏40周年記念ソロアルバム『天心奏楽?』発表予定! ●近年の主な活動 ・横笛ソロコンサート ・ミュージックユニット『森のひびき』コンサート ・インナーピースギャザリングhttp://happyforest.info ・愛とよろこびの『アースヘブン ワークショップ』 ・アースヘブン『ワンネスコンサート』(歌 ピアノetc) ・アースヘブン『ダンシングセレブレーション コンサート』 ・サマトワ(SAMATWA)会でのコンサート http://mixi.jp/view_community.pl?id=1499917 ミクシーSAWAさん http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5203859 ・神人氏http://kamihito.net/index.htmlとのお祭りライブ ・シンガー MAYUMI氏http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4289033とのコンサート   ・・・・etc ●最近の主な楽曲提供 ・金沢の写真家 桝野正博氏ホームページ http://www.cib.jp/ ・源 宗家 八幡太郎 源 義家 37代 旭八幡 公式ホームページ  www.gennjiroyal.com【宗家玉手箱】 ・和みのヨーガ ムーブメント http://beauty.geocities.jp/wayoga7/   ・・・・etc ↑ 私のレッスンでもBGMにさせて頂いいます福井さんの生演奏のひびき、本当に心身が優しく自然に還ることができます。 そしてハープの小川由美子さん

少女の様に喜びに満ち奏でられる光の粒子の様な音色は聴く人々に喜びと愛を授けてくださいます。

【小川由美子 アイリッシュハープ奏者】 光を音に、光を絵にするアーティスト。 一人一人の輝きに出会うことを喜びとする。 Dsg1027mini 1987年スコットランドの瞑想センターで自然に根ざしたスピリチュアリティとの劇的な出会いから、内なる旅が始まる。 翌年、エディンバラのアートセンターで絵の個展、 Vibration of Harmony を開き、広島原爆の資料と共に「内なる平和から外なる平和へ」のメッセージを発信する。 その後郊外の田舎で、小さなコミュニティに住み、小型のケルティックハープに出会う。その頃からフィンドホーンに何度も足を運び、アートやセイクリッドダンスを学ぶ。 1997年、京都市の自宅の一階を地球家族が集う 「スペース紫明」としてオープンし交流・学びの場を提供する。 2000年からスペース紫明で度々「内なる平和の集い」のイベントを催し参加者が平和への想いを表現し分かち合う場を創る。 1995年から講演会や交流会、お店などでハープ演奏活動を始める。水・光・風・大地など自然の祝福をテーマにしたオリジナル曲を弾くようになり、1999年ソロのC.D.「SORA」を制作する。 2004年森の自然をテーマにした曲集「森ものがたり」を発表。また20年来の友人で横笛奏者の福井 幹氏と再会し、自然からインスピレーションを得た音楽、平和への想いなど共通することが多く、2005年ミュージックユニット「森のひびき」として演奏活動を始める。 ↑
こんなステキな御二方のユニットのコンサート、2日間の間、私たちは宝石箱の空間に入った様に光の音を送り続けてくださるのです。 その中で身体も!ココロも!停滞していたものは流れ、本来のエネルギーに満ちた私たちの本質に出逢えます。 二日間は、自身にいつくしみだけを届けて!夢を実現する可能性に満ちた自由な人生がきっと開かれます。


ペンション「シャローム」さんは欧風造りの鹿やリスも遊びにくる小川のせせらぎが聞こえるステキなお宿。朝食はテラスで焼きたてパンを中心にしたバイキングです。今年の初夏はぜひ素晴らしいひと時をご一緒に生きるチカラを高め会いましょう。

at 11:40, 武井 悠桂, -

-, -, - -

ウィルスを察知。

ヨガを長年行っていて自分で面白いな、と思った事を書きます。感覚的なものなので信られても信じられなくとも、良いのですが
それは何かというと「身体のセンサーとしての役割が高まり、インフルエンザウイルス、を持った方をある程度察知できる」という事です。これは今年改めて発見しました。咳ををしている方、風邪っぽい方、電車の中やお店の中に多くいらっしゃいます。普通の風邪の方との違いは、インフルエンザの方は独特の「冷たく乾燥した」空気感(非常に強い)を身体に纏っていていらっしゃいます。すれ違った時、独特の香りもして数秒だけ私も粘膜がピリピリしたり関節が強張ったりして一瞬、感染の「疑似体験」が起きます。しかしその時、自分の心身が暖かく潤っていれば、その感覚のみで終わりです。感染しません。帰ってからお風呂に入りうがいすれば何も起きません。一ついえることは「自分も乾燥して冷えていて疲れていてセンサーが働かなかった場合」ウイルスとのお見合いが成立して同化しインフルエンザに感染するのだ。という事です。


こんな経験から「自分をいつも朗らか、呼吸を大切に、ポカポカて潤った気持ちいい状態、にしておこうね!」をテーマにレッスンしています。不安や恐れ、プロテクトし過ぎる心、は交感神経が過剰に働き冷えて粘膜から水分を奪い、乾燥したウイルスが好む身体になってしまいます。^_^もう少しの時期、寒いけれど感謝。穏やかな幸せをたくさん感じて残りの冬、健康に過ごしましょう!

at 08:15, 武井 悠桂, -

-, -, - -

再び酒粕ブランチです。

今朝のブランチは再びまだまだたくさんある「酒粕アイデアメニュー」右下が実験して大成功だったのが「酒粕と豆乳を黒砂糖で混ぜて煮詰めるとカスタードクリームと甘酒を足して2、で割ったようなクリームができます」→それを焼きリンゴと焼きバナナシナモンパウダーとともに乗せて出来たデザート。「焼きリンゴバナナの酒粕クリーム」が涙ものに美味で思わす記念写真を。 サラダは地場野菜の春レタスとほうれん草。オリーブオイルと岩塩と少々の黒酢のみのドレッシング。白味噌の粕汁リゾットは雑穀米とキャベツ、新じゃが、人参、パクチーで春野菜をふんだんに! 紅茶は武蔵境の知る人ぞ知るこだわりの珈琲と紅茶とハーブティのお店「ミネルヴァ」さんのアールグレイにもち蜜の長野の蜂蜜^_^入れて喉のケアを。少しつ春めいたJOYなイメージの食卓にして行くとこれからの寒暖差に適応できる身体になってゆくようです。

at 18:01, 武井 悠桂, -

-, -, - -

「湯治ヨガ」でポカポカに。

先日の日曜日は予定していた秋川渓谷「瀬音の湯」での湯治ヨガでした。

前日の雪は草木の葉にうっすらとお化粧しているように乗りとても美しく冬の美の景色も堪能しました。
午前中の新所沢でのレッスンが終わり拝島経由で直行すると13時には到着。
私は「創造」することが好きです。 これは人間の才能で、時間は放っておけば坦々と過ぎて、「創造」がなければなんとなく過ぎてしまう。「創造」がないと日々や人のペースに流されてなんとなく人生が過ぎてしまう。あれがない、これがない、と呟く。 しかし「創造」があれば時間は輝く。隙間時間に美しい世界に飛び込む。隙間時間に出来る勉強をする。タイミング合えば気の合った仲間と語れる。時間を創造的に過ごす一つ、として近郊のレジャーで気の入れ替え、をする事がオススメです。特に奥多摩地区は手付かずの自然が残り森や美しすぎる水があり生き返る地域です。私はレッスンの合間に時々一泊して朝、ここからレッスンに戻ることが多く、今回は有志で来れて嬉しかったです。


人間は自然界の成分、でできています。
自然界は循環、と愛、のシステムで働いています。

そのから外れると人間はトラブルに巻き込まれます。br />
私は自然界(神の世界)とチューニングすることを大切にしています。自然と気を交換できるのがリトリート。今回は日帰りの方も4時間という時間の中、入浴とヨガと語らいを楽しみました。

女性は男性より筋肉量が少ないため冬は温めるケアが小まめに必要です。脚の冷えから子宮や泌尿器系の冷えが起き、更年期やメンタルにも影響するので湯治ヨガでは骨盤をよくほぐし整えます。ゆっくりキープする内容をコテージの中て静かに行いました。



売店では地場野菜、果物、地域の手作りのお菓子、お茶などかリーズナブルに販売しているので購入して秋川名物のお茶タイム。



日帰り組は武蔵五日市駅直行バスに18時過ぎに乗り、残りの皆さんはまた温泉に入り、悠桂のタイマッサージを受けて頂きました。これが実は大変皆さんに喜んで頂けていて、たくさんの改善の報告をいただいていて嬉しい限りなのです。朝は太陽礼拝のレクチャー。

私は朝8時に出て10時半の三鷹のレッスンに余裕で間に合いました。

近場リトリート、充実していました。身体も心もポカポカに。ご参加者の皆様ありがとうございました。

at 07:57, 武井 悠桂, -

-, -, - -

身体は神の通路



キーンとした空気と柔らかなひかりのハーモニー。 シルバーホワイトの朝の風景が飛び込んできた。 わたしはこの一瞬、宇宙全体を呼吸する。 わたしの生命の種が呼吸とともに膨張を始め そこからわたしの脚は根となり 今日も大地にどんどん伸びる。 種に内在されていたチカラが無限に広がる。 身体の中心の幹は神のチカラを吸い上げていく。 手先という枝葉にも!この手で今日も愛を届ける、 天へ高く伸びる脳もそのチカラが行き渡り自由で制限のない発想がきっとできる! そして柔らかく顔は大輪に花にしよう。 身体はと尊いエネルギーの通路だーーー。

at 07:46, 武井 悠桂, -

-, -, - -