地域ヨガインストラクター5回コース終了♪

ご年配の方や病弱な方、ご家庭内、職場で椅子に座って簡単にできるヨガの指導を実技と講義で講習する5回コースを2名の生徒さんが徹底受講され本日修了書をお渡ししました。

すでにオアシスヨガプレイスインストラクターとして活躍されている三好友理佳さんと長年毎週火曜にレッスンにいらしてくださっている黒田千佐子さん。
ヨガの恩恵を一部の身体の柔らかい方々ばかりのものでなく
身近な方の健康と幸福に役立てるよう。
愛の気持ちで受講されました。
内容は

深い呼吸の仕組みと実践
椅子ヨガ、ごろ寝ヨガ、ヒーリング法、ツボでの体調不良調整法。
体質別対応法。
ヨガ哲学から改善する人間関係
傾聴法。

身体と心の俯瞰。そのから目覚める智慧。そこから生きることが自他共の健康と幸福に繋がることを確認して行きました。

ヨガをすると

幸せになるしかもうなくなる。

改めて5回目の講座で再確認しました。

お二方、いい笑顔です。少人数の充実した講座となりました。ありがとうございました。

at 17:21, 武井 悠桂, -

-, -, - -

いのちを紡ぐヨガツアー!カミツレの里にて

昨日から行われている
「いのちを紡ぐヨガツアー」はヨーロッパの正式なオーガニック認証を日本で初めて受けた長野県池田町の八恵寿荘です。

私は昭和39年生まれで高度成長の中で育ち、バブル期に青春時代を迎えてその後ヨガの世界に入りました。

不自由ない快適な生活、安全な生活が送れて幸せなのに。日本国は幸福度数51位。一位でも良いのに、と思います。 大切な命、それぞれの価値観は違えども、本当の幸せのために時間を使いたいものです。ヨガの教えはまさしく心身の指針となっています。
昨日は広大な「池田クラフトパーク」に立ち寄り野外アフタヌーンヨガ。お天気にも恵まれ、暑いので日陰を探して、自然の身体のバランス、下半身を「地」のような状態、股関節を「水」、お腹を「火」、胸から喉を「風」.頭を「空」の元素を感じながら自然界の中でのヨガ。恒例の木を前にした木のポーズはみなさんバッチリ。木のような立ち方は木が先生、となり無言で在り方を教えてくれるのです。


送迎バスがわざわざ立ち寄って下さったおかげで無事、八寿恵荘さんに到着!
スタッフの方が丁寧に自然探索の解説をしてくださいました。


カモミールの苗が育っています。この葉っぱは食用にもなりとても風味がよく美味しいです。大きな葉っぱは何と「野沢菜」です。みんなで生の葉を味わいました。

季節外れですが花も咲いています。


トムソーヤになった気分!

夕食のご飯は皆で薪割りからかまど炊きを初体験です。

点火ー!!


私のご飯を炊く姿。

息を吹くと火が蘇り、良き火に育つ。 昔は毎日、ご飯を炊くのも全て自然の恵みで行なっていた、と思うと頭が下がる思いです。


ご飯もとても美味しく炊きあがり!


陽が暮れる時の美しさといったら。。



自社農園のお野菜オンパレードのお夕食は野菜本来の甘さやコクが素晴らしいです。



朝の深呼吸散歩!雲海の素晴らしさといったら。



愛に満ちている自然界!


朝のホールは広々としてゆっくりヨガができました。

見るもの、触れるもの、味わうもの、嗅ぐもの、聞くもの。五感を使うとは神の世界の片鱗、入り口を開くこと。この入り口を開くことが生命の力を信じることに繋がります。そして自分自身も同じ働きを持つことに気が付き、少しのことでは不安が起きない心が出来ます、

お土産にカモミールの苗をいただきました!


感動をありがとうございます。
八恵寿荘スタッフの皆様、ご参加者の皆さんに改めて感謝と愛を込めて。

at 09:31, 武井 悠桂, -

-, -, - -

中秋の名月。十五夜の月光浴ヨガでした!

月が一年で一番美しく見える十五夜の昨晩。

十五夜の月光浴ヨガ、開催でした。


先月ご参加くださった方、新しくご参加なさった方でほぼ定員の盛会でした。
カレーも大好評頂き、大鍋完食。
皆で食べると美味しいです。

今回はスペシャルイベントで、演奏が入りました。

ヒーリングライアーの秋吉まり子さんが十五夜をバックに空気を優しく振動させてくれる音を奏でて下さいました。


この場はまるで天空のオアシス。



いつ聴いても心の奥から解ける。

瞑想の時は天と地を繋ぐ龍笛を奏でてくださったのは繋舟さん。
古来、日本では満月や十五夜、十三夜などの夜、歌を詠んだり雅楽を楽しんだり、雅な夜を過ごしました。その当時の音が今ここに。
スーパーマーケットにはプラスチックの月見団子も販売していますが


ススキとお団子を丘の上で飾り、お塩、お米、お酒、季節の果物をお供えして季節と自然に感謝しました。

大自然の力、はビタミンのように身体に効くわけではなく、チャクラという違うルートで心身に流れ込んできます。


自然の中でのヨガは私たちの奥からエネルギーチャージをしてくれます。

月見団子は皆さんで頂きました♪

at 11:59, 武井 悠桂, -

-, -, - -

5週目の探索

5週目はヨガレッスンがお休みなので、ゆっくりリフレッシュに出かけました。と、いっても遠くには行けないので改めて横須賀、逗子、鎌倉を2日間かけて冒険。


ヨコスカ、といえば海軍カレーです。イギリスの軍人さんがカレーをシチュー風にして食したことがキッカケでカレーライスの発祥と言われているそうですがお店によって味や具が異なっているようです。


こちらのお店はオーソドックスな海軍カレー。牛乳つき。

横須賀に叶神社、というオヤシロが2つある神社があり、渡し船を使って両方へご参拝。



奥社は雰囲気がとても良いです。



「こんな日本茶のカフェが巷にもっとあれば」…ベリーも来航した横須賀浦賀。駅の近くに「日本茶カフェ 茶井」さんがあります。抹茶ラテとホットドッグを注文させていただいたところ、オーナーさんは茶釜から沸かした適温のお湯で精魂こめてカウンターでお抹茶を点てて下さっていた。お客様一人一人のカップに心を込めて淹れて下さっている様子がそれだけで伝わる。

ホットドッグは昆布をお店で煮詰めたものが柔らかいパンに似合いこの上なく美味。日本茶にあうメニューを考えていたら誕生したそうです。
オーナー自らが足を運び生産者と契約した茶葉を使って、心を込めて育てた葉が心を込めて淹れてくださる方に伝わり、その心が私達に伝わる。
今日のは静岡の掛川のお茶。お茶(水)は特に素直だから愛の力はそのまま転写されます。丁寧に。心を込めて。日本人が大切にしている事は毎日頂くお茶に全て現れる。茶道がこれだけ日本に浸透したことも理解できたお店でした。多量消費、スピード性、便宜性ばかりのお店、コーヒーばかりがメインのカフェ。待ち合わせにはいいけれど大切な時間や自分を大切にしてあげるためには愛がベースで経営しているお店の人に行くことが大切だなぁー。と改めて思いました。横須賀産の海苔などのお土産まで頂戴して縄文文化の素晴らしさまで話が及び、充実したお茶の時間でしたー。
鎌倉では「竹炭専門店すざく」さんに感動しました。




「竹炭専門店すざく」さん。これは食べれる炭です。飲む炭もあります。炭は老廃物、添加物を吸着する作用あり、昨日は購入しなかったけれど竹炭を焼く釜で焼いた陶器の数々。赤ワインを入れると酸化防止剤やら亜硫酸やら、がカップの淵に吸着されていくということです。 我が家にも多量の炭風呂に毎日入っていますが、竹炭、やはり、すごいです。満月の薬膳カレーの日には竹炭ごはんお出ししますね。

長谷寺の仏さまはいつ参拝しても穏やかで慈愛に満ちています。




弁天堂は洞窟になっています。



江ノ電付近をゆっくり歩き


お昼は古民家カフェ「手ぬぐいカフェ一花屋」さんに入る。


ちゃぶ台、縁側、当たり前の昭和の風景が今では非日常です。


麹のカレーはとても野菜と麹のハーモニーが美味。


純粋なお米と水だけで発酵させた知る人ぞ知る「寺田本家」の五人娘を昼呑み贅沢もお休みの日ならではです。笑。



風通しが良い古民家で、夏の最後の風景を見た気がしました。

大切なものをたくさん取り戻した充実した2日間。


at 20:49, 武井 悠桂, -

-, -, - -

西荻窪、発酵料理専門カフェ(^ ^)

思い立ったら吉日?と言うことで西荻窪のすべてのお料理を発酵食品で提供してくださる 「醸カフェ」さんにランチで初めてお伺いしました。
発酵食品プーレート!超発酵甘酒付きです。 勉強になったこと沢山です。麹を使うとマヨネーズのいらない美味なポテトサラダができる。 干し野菜を使うと調味料がいらない美味しいスープができる。

天然酵母パンはフライパンで焼くと超美味。微生物さん方が今身体中で生き生きしているのがリアルです。 では、夜のレッスンいってきます。

at 17:23, 武井 悠桂, -

-, -, - -