<< スプーン曲げは実は誰でもできるゆです。 | main | 5月21日。真鶴ハーブ三昧ヨガリトリート決定。 >>

やまとなでしこ勉強会は有意義でした。

日本人なのに
日本の文化のことを説明できない。、理解したい。と思われている方も私も含めて多いのでは。。 そうなんです。自国の文化、音楽は子供のころに外国ではカリキュラムで学ぶのに日本にはない。
多くの外国人は古来の日本伝統を知りたがっている。

その秘密は身体の使い方です。心を身体を通じて表す技術、空気を美しく読んだ身のこなしなど、実際に身体を使って会得するのとばかり。身体から精神が整うことを知っていた私たち。ヨガの練習もそこに繋がる。

日曜日、開催されたやまとなでしこ勉強会。
西川喜優先生。我が妹を師と仰ぎ一から浴衣のきれいな着方のコツ

お扇子の用途の説明、持ち方。 摺り足。心が統一されてゆく歩き方。
心を込めた立ち方、座りかた、スローモーな動きは、めちゃめちゃインナーマッスル使う。立ったところから正座、礼、頭をゆっくり上げ、また立つ。この動きだけで発汗する。はっきりいってヨガよりインナーマッスル強力に使う。日本文化はほんとうにすごいこと実感しました。
そしてこの身体の使い方は殆どの日本人は忘れてしまっているかもしれません。そこと向き合えたよい機会でした。身体に軸が通り動きの中に意識の流れが常にあり爪の先や足裏、背中までに全て気づきを持って動く究極のマインドフルネス。みんなで「祇園小唄」をお稽古しました。


師匠の舞はやはり素晴らしい

いつか外人さんの前で日本女子として誇りを持って舞ってみたいと思いました。

参加してくださった方も実に美しい。

at 17:35, 武井 悠桂, -

-, -, - -