<< 西荻窪オアシスヨガの会の皆さんとの会食 | main | 今年最後のリトリートは柔軟な身体と美しい肌を改めて手に入れるヨガを真鶴で行います。 >>

華の道

長雨が続きます。
昨晩の三鷹井心亭でのお茶室ヨガでは

玄関のお花に染み染みと癒された。

華道をなさっている方は既に当たり前にご存知と思いますが


真 添 控。という型を大切にお花を生けるそうです。

真は軸 垂直方向より 15° 添えは真に添える 垂直方向より 45° 控えは つい直方向より 75°


真 行 草、という言葉もあるそうです。

型で基本的な宇宙の法則を表現の中で身につけ、あとは自由自在に行書、草書に崩してゆく美しさ。
その裏には基本の型が浸透しているのだ。自由自在になるには天地の自然法則を身につける。
ヨガではまさに、心と身体を自然の法則に則って、その調和を目的に姿勢と呼吸のあり方を練習します。
何を真にして、何を添え、にして、何を控えにするか、これは生活の仕方にも活きると思います。

お料理の盛り付けやお洒落やメイクもそうですが

完璧主義な方は全てを「真」にして仕事も食事も趣味も1日のうちに完璧に行わなければ気が済まなくて完全でないとストレス!になる。ストレスは血液の性質まで変えてしまいます。

今の時期は、介護や子育てがメインで自分の時間が持てない時もあるかもしれません。その時は今はこれがメイン、と腹を決め!添、控に必ず好きなことを少しでも行い、真が輝くように行えるようにして。。闘病中の方も病気を治す為の時間を真、におき、それを助ける添、控の時間を持つ。お仕事がメインの方もその真を助ける習いごと、その仕事がよりよく行えるような食事の研究したり。。
真が定まると、それを盛り上げる行動を選択していき、生き方がぶれなくなると思います。

その真は時期により内容も変化するでしょう。何を軸にして生きるか。

人間全てのテーマでしょう。

at 11:46, 武井 悠桂, -

-, -, - -