<< 「森のひびき」コンサートandヨガリトリートの癒しの空間 | main | アウトドアヨガの幸福 >>

登り龍

昨日、夕方指導先の秋川駅に着いて空を見上げると



空に昇る龍のような雲。
いつも何気に見上げると何か意図を感じるような空に気がつく。
人間の先祖は猿やくと爬虫類や魚だったかもしれない。
でもその魚やプランクトンの生命の先祖は。

そのご先祖の大元。
イーシュワラプラニダーナ、とヨーガの経典では呼ぶが、神でもサムシンググレートでも何でも良いと思う。
その記憶システムを人間は持っている。
その記憶を思い出すの。

そこと常にアクセスすると



人間は途轍もなく美しいのです。

不安など一切無くなります。

先日、福井さんが仰っていた

「何かにならなければ」=「do」
より「こう在りたい」=「be」
を大切にすると、その領域にアクセスできる。物資のカタチを作る素粒子がその気持ちに反応を起こし見えない領域から運命を形づくる。純粋でシンプルで二元を超えた意識で全てが叶う。今、私はこの事実を実感している。
この宇宙の仕組み。身体が楽になること、呼吸を深めることで入り口になり気づいてゆけるのなら
私は生涯、その事を伝えてゆく。

at 07:45, 武井 悠桂, -

-, -, - -