<< 土のうつわに移し替える大切さ | main | 来週は京都ツアー! >>

「よはしら笛の會」にて。

11月11日。

1が4つも並ぶ縁起の良い日に開催された「よはしら笛の會」。
尊敬する奏者の方は「地球交響曲6番 虚空の音」ご出演の雲龍さんと映画「陰陽師」で龍笛指導をなさった中村香奈子さんの双笛の又とないイベントでした。今回はスタッフとして携わせていただきました。



会場の「月白亭」は大塚にある仏師、杉田さんのご邸宅です。

室礼は和蝋燭。
これが音の波動でゆらゆら靡き、幽玄そのものでした。

開始は目の前に広がる日本庭園で。



ここから夕方、ゆっくりと夕日が差し込み「静寂の豊穣さ」を充分に味わうことができました。

刺激の強い音楽や物事を求めてきた現代人。有り余る情報や素晴らしいものたち。その中から「消えてなくなる音」の美しさ。 「無という巨大な豊かさ」を感じ尽くした時間でした。
日本人はこの感性を大切にしてきた!と思うと胸が熱くなります。



終演後は書家、音楽家、瞑想家の方々も多くお集まりになり、夜10時まで熱く語らいました。
素晴らしい方とご意見を交わし、精神的な健康と豊かさを求める時代に変化したと感じています。


雲龍さんは全国の神社仏閣でご奉納演奏をなさっています。胎内の中で響くような優しい宇宙の音。あれからひびきがずっとのこり、瞑想したまま過ごしております。このバイブレーション。大切に過ごしたい。

at 16:17, 武井 悠桂, -

-, -, - -