<< 湯治ヨガ日程変更です。 | main | 2019年版「ヨガの日曜学校」ご案内 >>

お寺のヨガでの響きあい

先日の智光院での「お寺で朝ヨガ!」は新春にふさわしく、ヒーリングライアー奏者の秋吉まりごさんとご主人様のシンキングリン奏者の小関展弘さんのコラボ演奏、という豪華なシチュエーションでした。まりこさんは戸隠のツアーと の時同行してくださり野外でライアーを奏でてくださいました。



いつものように読経で始まり静寂な研ぎ澄まされた空気に変化していきます。

シンキングリンはまさにお寺と相性がいいですね。お寺といえば鐘、ですから。 音が波を作り空間を浄化して行きます。
このお二方の狭間にみんなで音を感じながらヨガを行いました。

私自身がとってもリラックスできてゆっくりとしたナビゲートができて全員が宇宙に漂って存在している気持ちになれたようです。
ご参加者の方がフェイスブックに記事をあげて下さり、許可を得て転送させて頂きます。

昨日はとっても居心地の良い新高円寺の智光院本堂で初めてのヨガ経験をしてきました。 なんとも贅沢なことに、ヒーリングライアー奏者の秋吉まり子さんがハルモニアをご主人がシンギングリンを奏でている、その愛のハーモニーで場を満たして下さっている中、ヨガ講師の武井悠理さんの伝えて下さるヨガがとても心地良くとにかく素晴らしかった。 ヨガは単に体をほぐすことという運動という枠には収まらない、自分を理解し、自分とつながるため、そして魂の蕾を開花させる為の素晴らしい古来からの叡智が溢れているということを体で学ぶ初めての体験でした。 ヨガの真髄を教えてらっしゃる武井先生の心地の良いアナウンスを耳にしながら、ヨガのポーズをとることで、自分の体の筋肉、関節、細胞が発する感情まで感じとることが出来る。そしてヨガを行うことで陰と陽の調和をとっていくことの心地良さを感じる。 のどを開くポーズ。 胸を開くポーズ。 背骨一つ一つを離していくポーズ、、、。 体からの声が聞こえてくる。 痛みを味わう。 体のハリ、緊張感があったことに気がつく。 普段気に留めていなかった体の細胞の声が聞こえてくる。 それを受け止めてあげる。 身体それぞれの喜怒哀楽を感じる。 胸が熱くなり、そして穏やかになっていく。 ああ心地良いご本堂の畳の上で素敵な音色を耳にし、自分の体が生きていることを感じている。自分と向かい合う時間をこんな素晴らしい環境の中で、私は心静かに淡々と味わっている。 新年早々幸せな時間を過ごさせて頂きました。武井先生、まりこさんご夫妻、ご住職さま、ありがとうございました。 またの機会を楽しみにしています 。

at 21:46, 武井 悠桂, -

-, -, - -