<< シャボン玉せっけんブーム^_^ | main | イチロー選手の名言 >>

生きた杉の木と呼吸するヨガ

3月10日、日曜日。以前からレッスンのたびに私が熱く語っていた「愛工房」の4階ホールでのヨガが実現しました。


見てください。写真からも木の温もりを感じませんか?
この木材は「45度」という伊藤社長が産み出した薬草を乾燥させるのと同じ低温の温度で特殊な乾燥機で丁寧に杉に汗をかかせて杉の木の微生物や酵素がそのまま生きている化学薬品、塗料、一切使っていない「生きた木」です。糠味噌が発酵を続ける限り生きるのと同じで薬を使わなくともカビが生えたりしない生きた木。本当に「呼吸している木」というネーミングがふさわしいく、埃や花粉はこの中でいつのまにか分解、循環してしまい全くと言っていいほど清浄な空気の中でヨガを楽しみました。
木がポカポカと熱を放っているようで柔らかく暖かい。裸足がとても心地よく、ヨガのポーズも杉の床に身体を委ねてエネルギーを吸収しながら行いました。
暖房はなんと「お湯」の熱をこの木たちの波動に任せて全部屋に伝えてゆくエコなシステムで部屋の温度はほぼ20度で快適。伊藤さん曰く「冬は寒くなければ良くて夏は暑くなければ良いのです」。そうです。確かに私たちは夏は冷やしすぎ冬は温め過ぎでいたかもしれない。地球温暖化はそんな過剰な環境への変更のツケなのかもしれない。

杉浴、の前に伊藤さんのお話をお聞きしました。
「経済中心」の時代から「いのち」を大切に考えて行動する時代へ。

伊藤さんは船瀬俊介氏とともに長年、タバコの弊害を各地で訴えていらっしゃいました。「30年」という年月、が世の中を変えるよ、とお話してくださった通り、30年前は今ほど分煙や禁煙が世の中に普及しておらず、煙の二次被害をモロに受けていました。地道なご活動の結果が現在に生きています。

もう30年!たつと「いのち」を傷つけない生活、考え方が当たり前になっている気がします。ヨガを通じて、私もこれからも提唱させていただきたいと思います。

杉浴とヨガ、今後は伊藤さんとご相談いたしましてスケジュールなど随時お知らせをいたします。予約制、早いもの順でのご参加となります。

ぜひ機会あればご体験くださいませ。

at 15:09, 武井 悠桂, -

-, -, - -