<< 信州入り! | main | 6月の特別講座のお知らせ。その1。 >>

新緑の蓼科リトリート。ありがとうございました。

昨日から本日「森のひびきといつくしみのヨガ」蓼科リトリートでした。たくさんの感動の中で終了しました。「森のひびき」の横笛、カリンバ、ギターの福井幹さんとアイリッシュハープ、ライアーの小川由美子さんをお迎えし新緑と小川のせせらぎと小鳥たちの声、風とひかり、のみ、の環境の中でひびく音色を全身で浴びながら刹那の今、を感じ続けるヨガは意識の輝き?が明確になることで尊い私たちの本質がみるみる明らかになってゆくことを体験するツアーでした。

ペンション「シャローム」さんのオーナーさんご夫妻のお手入れの行き届いた天国のような小さなお城を貸し切りにヘブライ語で「平和」を意味する「シャローム」の言葉通リのお人柄と心の行き届いたお料理の数々は地上天国リトリートにぴったりです。

「森のひびき」さんとのコラボは2回目ですが毎回お2人の音楽のみならず「今、ここ、を地上天国の空間、時間を創り上げる」閃き、計画、実行力、に大いに助けていただきました。
1分1秒とも無駄のないキラキラと輝く美しくも癒しの時空間の中、心の奥深くから自分を見つめ解放することが全員が出来ました。昨夜の由美さんのメッセージストーンの中から見つけた自分の言葉。そこから感じた事をシェアリングする時間は丁寧に自己を見つめ全員が受け取り共鳴しながらの尊い時間で今までの自分が全て大好きになる、のです。

そして幹さんが提案された早朝の森の探索は「私語一切なし」で自分と自然との中のみで対話することで大きなココロのギフトがやってくる、というスペシャルなひとときでは本当の意味での充電とはこのような時間。


目標を立ててそこばかり見て歩くのではなくリアルに目の前にある宝の世界とともに心と呼吸を沿わせること。ヨガの実践と同じことでした。

午前中いっぱいミニコンサートも開催され全員のお顔や身体からキラキラが発光していました。地上天国の住民がリトリートのたびに増えてゆくことに感謝感謝です。
テラスでの朝食も手焼きのパン、山葡萄のジャム、新鮮な生野菜、肉汁が溢れるフランクフルトにスクランブルエッグ、豊富な果物、ヨーグルトを爽やかな空気の中美味しくいただきました。



お天気も最高。
いのちの回復。
感謝。

at 18:23, 武井 悠桂, -

-, -, - -