<< 真実に向かう医学 | main | 良い子でよかった。 >>

天然自然と交流すること

先日、思い立って青梅の御嶽山神社に参拝に出かけました。雨が降りそうで降らない一日で普通は山に行くのは避ける日かもしれません。

ケーブルカーはとても急で平日なのでそんなにひと気もなく、自然の神妙な景色を楽しみました。



御嶽神社を参拝し、頂上まで。
霧が薄く立ち込め、マイナスイオンが充満していました。



不思議と梅雨の身体の重さは消えてスッキリ爽快。身体にまとわり付いていた電磁波などのプラスイオンが落とされました。この時期の山や森や神社はエネルギーに満ちています。

自然の恵みがこんなにあるのに
私たちはこれ以上、何を求めるのだろう。水、空気、大地、みどり、光、全て当たり前にあり、これら全てが「清らな」であることが最高の贅沢であり。


帰りは御嶽駅近くのお蕎麦屋さん「玉川屋」さんで美味しいお蕎麦をいただいてあきる野市のレッスンに向かいました。

身体のアンテナをたくさん伸ばして人間が、自然界に歩みよるのです。自然のエネルギーは私たちが思考でいっぱいの時はそこにあるのに繋がらない。こちらがアンテナを伸ばし五感から繋がって行くものと感じます。

at 23:47, 武井 悠桂, -

-, -, - -