<< 愛工房 伊藤好則社長、熱く真実を語る! | main | 大沢の里 >>

諏訪は水と風と光に満ちる

11月23日の諏訪リトリートは交通網も整ったので決行いたします。というわけで火曜日の東村山レッスンが終わった後、最終便の立川〜上諏訪のあずさに乗って諏訪に行きました。11時40分にホテルにチェックイン。諏訪湖のほとりなので朝は超気持ちの良い散歩を楽しみました。

鴨がたくさん遊んでいてなんとも微笑ましいです。



朝一番の下社秋宮

紅葉も始まり、龍神様から温泉が。




下社春宮は美しい。バックには清流が流れ「浮島社」という水害の難を逃れる神様がお祀りさせれいて被災地の復興を願いました。

< お願い事て3回この石仏の周りを廻るとお願い事が叶うという「万治の石仏」も。

br />

さてここから上諏訪に戻り本宮へ!


秋晴れ!!



こちらでは建御名方神が眼を荒いケガを癒した御神水の流れる「眼水」の清流があります。



ここの湧水は飲めるよ、と教えてくださったのは諏訪のガイドさん。偶然出会ったので23日、ガイドをお願いする事にしました。

もう本当に澄み切った水でこんなに美味しい水は産まれて初めてでした。さすがご神水です。






途中で立ち寄った北斗神社は200段階段です。諏訪の町が一望。素晴らしかった!


空に向かって息吹の笛を吹きました。
ひびきが彼方まで届いた。


お昼は味噌蔵が「千の水」という発酵食レストランをやっている丸高さんへ!
社長さんとふとした事からお知り合いになって一度伺いたかったお店。さすがこだわりの味噌の数々が使われていて季節のお野菜豊富で最高に美味。

テラス席です。


光と水と鉱物と風に満ちた縄文文明の栄えた土地。まだご参加者受付中です。ぜひこの機会にいかがですか。

at 23:52, 武井 悠桂, -

-, -, - -