<< 天然野菜コンソメで出汁をとる。 | main | 自然力セラピスト育成講座始まりました。 >>

縄文の気持ち

ヨガの歴史は太古紀元前4500年以上、もっと前とも言われていてインダス文明が起源、人類発祥の頃から大宇宙、神、と合一して生きる方法を伝えてきましたが日本には1万年以上前に神と繋がる生活をしていたのか縄文人という事で古代日本人、私たちの祖先にはすごい才能がも元から備わっていると感じていました。そしてD N Aの研究は進み想像はしていましたが驚く事が下記です。
      ↓
日本人の遺伝子には、世界の中でも非常に珍しい古代の血統(ハプログループ)とされるY染色体D系統が多いのだ。しかも、日本人が持っているのはD系統のなかでもD2系統。D1やD3血統はチベット人や東南アジア諸民族にあるが、D2系統は、驚くべきことに世界の中で日本人しか持っていない(フィリピンのマクタン島、ルソン島でわずかながら発見されている)。しかも、かなり高い割合で残っている。とくにアイヌ人には9割近くも集積している。沖縄本島にも多く、本土の山間部にもやや多くなっている。ということは、D2系統が縄文人の特徴であったということだ。        ↓

さらに

この日本人のD2系統の中に、特徴的な変異である「YAP(ヤップ)」と呼ばれる挿入部分があり、この部分は、DとE系統のみが持っている。遺伝学者によれば、D系統とE系統は同じ仲間であるらしい。そして、E系統を持つのはユダヤ人であり、世界中に散らばるユダヤ人が共通して持っている。イスラエルの失われた12部族のうち、エフライムとマナセだけがYAPなどの挿入部を持つD系統。そのほかはE系統。つまり、日本人が持つD2系統は、古代イスラエルを起源とするユダヤ人と共通しているのだ。したがって、古代ユダヤ人がはるか東の日本まで移動してきて、そのまま住み続けたものとしか考えられない。やはり、イスラエルの失われた十部族の末裔は日本人らしい。 …上記を読むと日ユ同祖論がますます確実性を帯びてきた感じです。これが解明できれば歴史的、民俗学的にすごいことです。
縄文の足跡が色濃くあるのが昨年リトリートをした諏訪です。昨日は諏訪を再び訪れ歴史勉強会に参加してきました。
古代では、この大寒の時期に何よりも大切なご神事を行なっていた。。高エネルギー体の拠所(ミシャクジ)を「御室」という穴倉でお祀りしていたそうですがその内容まで事細かに谷澤誠一さんの丁寧なテキストと解説で大自然大宇宙との共存共生をきちんと行なっていた古代人の姿が伝わってきました。

今朝は夜明けの諏訪湖に龍雲が流れて行きました。
勉強会会場のcafe大麦小麦さんは山と畑が一望のステキな会場でハンドメイドのケーキ付き!


上諏訪駅は温泉と水が沸き立つ!

at 11:24, 武井 悠桂, -

-, -, - -