<< マスクが!意外に。 | main | 9月5日 土曜日朝ヨガ(zoom)始めます♪ >>

縄文の村へ

先日の週末は日曜日の午前のレッスンが終わった後、立川から長野県塩尻に向かい行きたかった平出遺跡をめぐりました。


古墳時代の住居が復元されて中にも入れました。

涼しくてなんだか落ち着きます。

平出遺跡は、縄文時代から平安時代にかけての大集落跡で江戸時代から土器や石器が拾える場所として知られ、当時の記録にも残されています。本格的な発掘調査は昭和25年に始まり、中でも古墳時代から平安時代の豊富な出土品は、当時の生活復元をある程度可能にすることができる貴重なものであると評価されています。こうしたことから昭和27年、国史跡に指定されました。(案内文より抜粋)
博物館で見た土偶の中でも面白いのがこれ!ドラえもん土偶です。

太古からドラえもんがいたのですね!
勾玉の作り方も教わり石灰を磨き水で洗うとこんなアクセサリーができました。


勾玉作りも塩尻市が運営しているのでなんと講習費も入れて200円でした。
縄文時代は天地人が一体となって争いのない時代が草創期から晩期まで1万年以上も続き平和に暮らしていたとさせる時。日本人が渡来人より多くの技術や芸術と融合して洗練し発展する前の雛形がある。西洋では古来争いで勝った者たちが土地を支配してゆく歴史があったが縄文の人々は助け合い物資を流通させ天地に感謝し祈りを捧げ共存の道を歩んでいた事、そんないにしえの人々の息吹が感じられる日曜日の夕方でした。

at 06:40, 武井 悠桂, -

-, -, - -